角の立たないものの言い方>年上の部下・年下の上司

【年上の部下・年下の上司との付き合い方】
年上の部下や年下の上司を持つことは、実力主義・成果主義や中途
採用がごく普通になった今日では、珍しいことではありません。
結論から言うと、年齢を意識しないことです。
職場は、年齢で仕事が回る場所ではないからです。

そんなつまらないことで悩んでいるヒマはないのです。
もちろん部下でも年長の人や、年下でも上司に対しては敬語で接し
なければなりません。
年長の部下は、それなりの経験・知識をもっているわけですから、
得意分野については、積極的に助言を求めましょう。
そうすることで、部下も、自分の経験を買ってくれている、と満足
します。
また、年下でも上司は上司です。
相手だって、あなた以上に気を遣っているのです。
もっと言えば、悩んでいるかも知れません。

ですから、あなたも敬意を持って接しなければなりません。
あなたの得意とするところは、助言をして大いに助けてあげましょ
う。
こういうときこそ、あなたの人間としての大きさが問われます。
職場は、学校やサークルではないのです。
年齢を超えて人間として付き合わなければならないのです。

 
 
 
inserted by FC2 system