角の立たないものの言い方>生命保険の勧誘を断る

【生命保険の勧誘を断る】
学生時代からの友人が生命保険の代理店を開業して、頻繁に加入の
勧誘の電話が来る。
自宅はもちろん会社まで電話をかけてきて困っている。

こんな場合、一度できっぱりと断るためにはどのようにしたらよい
でしょうか。
これは、金銭的な問題ですから、借金の依頼の断り方と基本的には
同じです。
入ってあげたいが、自分にはお金がないことを率直に話すしかあり
ません。
この場合、生命保険の加入ですから、もう親戚の者の義理で加入し
ていて、これ以上の余裕がない、とはっきり言いましょう。
でも、相手も負けていません。

「あと一口、安いプランもあるから」と食い下がってきます。
ここで根負けしてはいけません。
「義理で何口も入らされて、もう身動き取れないよ。あと使えるお
金がないんだ」とはっきりと断りましょう。
もし、このようなことで終わる友情なら、もともとなかったものと
あきらめるしかありません。

 
 
 
inserted by FC2 system